4.エンジニアの婚活戦略

【20代後半で1000万を稼ぐ女医と付き合う!?】ハイスぺ女子を獲得するためのおすすめのマッチングアプリを解説します

ぴなもと

今回は、20代後半で年収1000万を稼ぐ女医と付き合うぴなもとがお勧めするマッチングアプリを紹介していきます。
マッチングアプリは本当に多種多様で、使うアプリによって登録している層が全く異なり、課金もバカにならないため、効率的に婚活をするために以下は必ず読んでいただきたいです。

この記事が対象としている読者

  • ハイスぺ女子を捕まえたい人
  • ハイスぺ女子と結婚したい人
  • マッチングアプリの傾向を知りたい人

マッチングアプリの種類について

マッチングアプリには、気軽に出会えるアプリと、じっくり婚活したい人向けのアプリがあります。

今回は、気軽に出会って恋愛したい人向けではなく、がっつり彼女を作ったり、将来を考えられるような人、かつ確実にハイスぺ女子を捕まえたい方向けになります。

ハイスぺ女子を捕まえたい場合に使うべき婚活マッチングアプリ

では、ハイスぺ女子を捕まえたい場合に使うべき婚活アプリには、どのようなアプリがあるでしょうか?

Pairs, Tinder, タップル誕生、Dine, Omiai, With, ゼクシィ恋結び、ゼクシィ縁結び・・

Tinder、タップル誕生、Dineなどは基本使うべきではありません。
これらは気軽に会えるアプリであり、プロフィールなどを比較して、ハイスぺ女子と将来を考えるために付き合うための効率的なツールとは言えないからです。

基本は、記載されたプロフィールを見ながら自分の好みの女の子にいいねをして、マッチングしたらメッセージを交わしていくような婚活アプリを使用しましょう。

おすすめの婚活アプリ

婚活マッチングアプリの登録期間・課金方法は?

婚活マッチングアプリの登録ですが、iOSの場合に限って言うと、費用がバカになりません。しかし、本格的にマッチングアプリで婚活する場合は、6か月くらいの期間で課金するのがお勧めです。
理由は、平均的には2~3か月は彼女ができるまでに時間を要するし、その際に焦ってしまうと、焦って妥協して付き合って、結局破綻してしまうことにもなりかねません。
しばらく付き合う気ならしっかりと探した方が良いし、3か月プランと6か月プランは、たいていの場合それほど料金が変わらないことが多いのも理由の一つです。もちろん婚活が長期化してしまうリスクもあります。そうなったら単純に料金は割増になってしまいます。

また、課金する際は、iOSからでなくWebブラウザからのが安いです。
基本iPhoneのApp Storeから課金するのは手数料を含んでいるのか割高に設定されています。
私が安い方のリンクを下に貼っておくので、そこから登録しても良いかもしれません。

おすすめ婚活マッチングアプリ比較

一般的な婚活アプリの中でも、それぞれ登録している層は全く異なります。
もちろん、それにすべて登録し、3か月続けると、予算としては10万くらいは必要になってきます。
しかし、一般的にはそこまで課金する必要があるかといえば、すべてのアプリに課金することは必須ではありません。
もちろん、各アプリには、そのアプリしか登録していない女性もいるので、複数アプリを登録した方が、早く恋人ができる可能性が上がるのは間違いありません。
しかし、ゆっくり自分が見つけたい希望の女性を見つけるのに期間を急がないのであれば、一つのアプリに課金するだけでも十分に結果は出せると思います。

Pairs


Pairsは、結論からいうとハイスぺ向け婚活では2番目におすすめのアプリです。
最も会員数が多いのですが、「とりあえず一番有名なPairs初めてみた」という人も多く、婚活の真剣度が低い人も・・しかし総じてハイスぺも多く、うまくいけば希望の女子とマッチングする可能性もあります。課金も標準的な価格設定になっており、始めやすいアプリです。

おすすめ度
会員数
婚活の真剣度
費用
年齢層 20代前半~20代後半と幅広い

Omiai

【Omiai -オミアイ-】

Omiaiは、婚活アプリとして最も優秀なアプリだとぴなもとは考えています。
年齢は20代後半が多いですが、ハイスぺ女子が結婚を考え始めるのは20代後半が多い印象で、外資系企業のバリキャリ女子や、研修医が終わる医者などはOmiaiに登録する人は多いように見受けられます。
また、婚活に真剣な人しか登録していない印象で、将来を考えている人を捕まえるには最も効率が良い形になっています。
また、金額はPairs等の標準的な婚活アプリに比べ、多少高くなる傾向がありますが、ほとんど誤差だと思います。真剣な人は必ず登録すべきアプリの一つです。

おすすめ度
会員数
婚活の真剣度
費用
年齢層 20代後半が中心

With

Withは上場企業のゲームアプリで有名なイグニスの婚活アプリで、メンタリストDaiGoによる診断で気軽にマッチング診断を相手とできるアプリです。デザインが若い年齢層向けで、20代前半の層が多く、事務職の可愛い女の子などを捕まえたい場合はWithで探すのはありです。ハイスぺ女子という観点でいうと、登録者が少ないため物足りなさと感じるかもしれませんが、総じて良いアプリです。おそらく最も可愛いゆるふわの女の子が生息しているアプリといえると思います。

おすすめ度
会員数
婚活の真剣度
費用
年齢層 20代前半が中心

With公式サイトへ

ゼクシィ恋結び

ゼクシィ恋結びは、リクルートが運営するマッチングアプリで、恋活向けのアプリです。会員数が少なく、ここまで登録すべき人は少ないと思います。

おすすめ度
会員数
婚活の真剣度
費用
年齢層 20代前半~20代中盤が中心

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結びは、恋結びよりも婚活寄りのアプリです。ただ、Omiaiに比べると会員数も少ないので、登録する必要はない人がほとんどだと思います。可愛い女の子も少ない印象。。

おすすめ度
会員数
婚活の真剣度
費用
年齢層 20代後半が中心

結局どのアプリに登録すればよいのか

結論から言うと、一つだけ挙げるとすればOmiaiが良いと思います。
複数アプリを登録しつつ早く恋人がほしいのであれば、Pairs, Omiai, Withあたりを同時に課金するのが最も手早いと思います。
どれか一つにしか登録していない人も多いですし、複数登録している女の子もいますが、基本的にこれらのアプリは登録している人の傾向が異なりますので、自分の好みに合わせて使ってみるのが良いです。
婚活の本気度でいえばOmiaiが一番洗練されていますし、外資系企業や医者などの本気で婚活している人が一定数いて、効率よくマッチングできます。
Pairsは人数は多いものの真剣でない様子見の女の子も多いため、最も有名なわりには、無駄に時間やポイントを消費してしまうことも多いです。
Withは一番年齢層が若く20歳前半も多くかわいい女の子も多いですが、恋愛をしたいといった人も多く、婚活にはやや不向きとも言えるかもしれません。スペックの高い女の子もOmiaiに比べると少なめです。

ぴなもと

ではまた。

ABOUT ME
ぴなもと
ぴなもと
神奈川在住のアラサー世代。 理系大学院を卒業し、SI業界のソフトパッケージ開発職として入社する。 SI業界に嫌気が差し、生活そのものを変えるために、ミニマリストというスタイルにたどり着く。 会社に縛られず、フリーランスのような、自由で自律した生活を好む。 みぽりんと合わせたら、世帯年収は1000万を超える。
倍率100倍の社内SEに入社してぴなもとが、ホワイト企業で働く方法を教えます!!

エンジニアの転職希望者の7割が転職を希望すると言われる社内SE。。。

何も実力もないぴなもとが、倍率100倍の超難関有名ホワイト企業に内定を獲得し、転職を決めた方法、知りたくないですか?

社内SEへの転職は非常にテクニック的な要素が強く、内定をうまく獲得できなければ、
高倍率の沼にハマり、転職活動が長期化してしまうリスクも大きいです。

また、会社により様々な社風がある事業会社を受けるのですから、安易に社内SEに行けばホワイトとも言えないのが危険なところであり、

そんなぴなもとが、倍率100倍の競合から勝ち取った戦略的テクニックを以下で解説していています。是非一度手に取ってみてください。