SEから転職する

初めてのSIer転職で転職エージェント選ぶ際はリクルートエージェントが最もおすすめなたった一つの理由

みぽりん

ぴなもと、SIerに就職して転職活動してた時期あったけど、SIerから転職を考える場合、どのような転職活動をするのが良いの?

ぴなもと

基本的には転職エージェントを利用しつつ進めるのが賢い選択だよ。
特に、初めての転職活動の場合は、どんな会社が候補として挙げられるかを検討する際、異業種含めて求人を持っている総合型エージェントと呼ばれるエージェントを利用することが多いよ。
その中でも、最も求人数を持っているリクルートエージェントがおすすめと言われているよ。
またSIerに限らず、転職する業界や職種は、現職の経験を生かせる会社の方が年収を維持しやすい傾向にあるから、業界や会社を絞ることも大事だ。
同業種のキャリアアップや、異業種への転職方法がわからない…そんな人もこの記事を読めば、必ず希望の転職先への内定へ導くことができるはずだ。
この記事で詳しく見ていこう。

この記事が対象としている読者

  • SIerの転職活動の流れについて知りたい人
  • SIerの転職エージェントを活用した転職の成功方法を知りたい人

転職活動前に準備すべき本

一般的なSIerの転職パターン

SIer業界の転職パターンは、同業種で年収を上げるか、異業種、異職種の会社に転職し環境を変えたり、自分のやりたいことに合わせて転職して成功させるケースが多いようです。

SIerはきつい業界ともいわれています。

SIer業界では、環境が過酷だと言われているため、スキルのある人から転職してしまうケースも多々見られます。

また、実際にこれまでSIer業界は、3K職場と言われてきた過去があります。

3K職場とは何でしょうか?

3K…3つのKからなります。

3K職場とは、もともとは土木現場から派生した用語です。土木現場では、きつい、汚い、危険を3kと表現しました。

では、SIer業界の3Kとはどういう意味でしょうか?

K…きつい

K…厳しい

K…帰れない

と言われています。

「厳しい」ではなく「給料が安い」という説もあります

では、実際にSIer業界から転職して成功させるパターンについて、もう少し詳しく見ていきたいと思います。

転職パターン1:年収を上げたい(上流SE、ITコンサル)

SIer業界はよく、「給料が安い」と言われることがあります。

それは、SIerはゼネコン構造となっており、上流に位置する会社ほど高収益になる構造となっているからです。

給料を上げるためには、より上流の会社や、給料が高い会社に転職することがポイントです。

上流SEの会社とは、NTTデータや野村総研、IBM日立富士通NECなどのSIer企業です。

また、さらに上流のコンサル(アクセンチュア、デロイトトーマツコンサルティング、PwC)に異業種で転職するのも良いでしょう。

転職パターン2:激務を避けたい(社内SE)

激務なSEの現場

激務な環境を避けたいという理由でSIerから転職する方々がいます。

SIer業界は、人月商売と言われています。

人の工数に対して対価をいただくビジネスモデルです。

そのため、人月換算した分、残業して納品すれば単価は安くなります。

そのため、見えないところで沢山仕事を抱えさせられて苦しむSEが多いのが特徴です。

また、顧客からの依頼を断れない傾向にあるのも特徴です。

要件を明確にせず解決策を十分に検討せずに進めてしまったプロジェクトや、リソース以上の不採算プロジェクトを引き受けてしまうことが多くあります。

そういった残業でカバーする風潮のある現場からの避難所として、事業会社の社内SEという転職先が人気となっています。

転職パターン3:客先常駐や、きつい現場を避けたい(社内SE)

客先常駐

客先常駐の環境を避けたいという理由でSIerから転職する方々がいます。

どうしてもITベンダー(受託側のSE)や、コンサル業界は案件を受託する側なので、客先常駐のプロジェクトに配属することが多くなってきます。

客先常駐の現場は、間接的に客先の顧客から仕事の引き受けたり、進捗管理の問い合わせを受けることが多くなります。

そうなった場合、実質的にマネージャーが労務管理をすることはできなくなります。

また、人月換算で仕事を受注しますから、残業すればするほど利益率があがってしまう(ように見える)風潮もあります。

その上、顧客からの目に全てを常に晒されている状態にもなり、見せるべきでもない部分まで見えてしまい、解決策をろくに考えない仕事や、いなくても良いような時間にも余計な残業までして仕事をして、仕事をしているフリをせざるを得ない雰囲気の職場も多いようです。

こういった場合も、客先常駐の職場にはならない避難所として人気な就職先が社内SEです。

社内SEは今までの仕事を生かしつつ、自社で働くことができる職種としてSEからは人気の職場となっています。

また、受託側のように顧客から納期までに仕事を終えるように詰められることも少ないため、自分のペースで仕事ができるケースが多いと聞きます。実際、自分たちのプロジェクトを遅らせよう事があった場合、自分たちの都合で納期を延伸することも多いと聞きます。

転職パターン4:プログラミングをもっとしたい(Web系エンジニア)

Web系エンジニア

プログラミングをもっとしたいという理由でSIerから転職する方々がいます。

SIer業界は、モダンでクリエイティブなサービスの開発というよりも、要求された仕様通りのシステムを納期通りに納品することを第一の目的としています。

Web業界は、ITを内製化して事業を推進(売上を伸ばす)することが特徴であるため、クリエイティブな技術が求められます。

また、納期を守るために一つ一つ懸念事項が残っていないか慎重に勧めていくためのマネジメントスキルもそこまで求められません。

顧客が品質をチェックしたいという理由でエビデンスを求められることもありません。(このような作業は、基本的にエクセルにテスト結果をスクショするようなあの一連の作業になります。)

初めての転職にはリクルートエージェントがおすすめな理由

上記のように、SIerから転職に成功するパターンはわりと決まっているように見えます。

そのため、転職活動をする場合、どちらにせよ皆さんが実現したいキャリアは、上記のパターンのうちどのようなキャリアを実現したいのか自己分析することが大事です。

その上で、転職活動の一般的なお作法を学びつつ進めていくのがよいでしょう。

では、転職活動の一般的なお作法とは何でしょうか?

実際に初めての転職希望者、特に第二新卒(22歳~28歳)あたりの転職希望者が転職活動を始める際は、転職エージェント、特に総合型エージェントの支援を受けつつ転職されるのがベターです。

なぜ総合系エージェントがおすすめかというと、初めての転職活動は、求人を見たことがない転職希望者が多い一方、総合型エージェントは求人数が多く、明確に目的を絞って転職活動できない若手の転職希望者に、興味のある求人を探してもらいやすいエージェントだからです。

別に、明確に条件をすでに持っている方だったとしても、興味を持っている求人を担当のエージェントに提案出来れば、話はむしろスムーズに進みます。

そのため、総合系エージェントはどんな転職希望者にもおすすめできると言えます。

総合系エージェントの強みは圧倒的な求人数であるため、総合系エージェントの中でも特に多くの求人を持っているエージェントがおすすめです。

そのため、当ブログでは最も求人数をもつリクルートエージェントをおすすめしているのです。

エージェントを利用して転職するメリット

転職活動の流れを効率良く教えてくれる

転職活動の流れを自分で調べるのも良いですが、基本的に転職活動は現職と並行しながら行っていきます。

そのため、自分で調べると時間を相当使ってしまい、いつまで経っても転職活動をスムーズに進める事ができません。

転職エージェントは、転職希望者を希望の職に転職させることが仕事ですから、転職活動の流れやスケジュールを丁寧に教えてくれます。

一人で転職活動を知識のないまま行うよりも、他人の手を借りて行えるのだから、利用しない手はないでしょう。

申し込みや面接の日程をエージェント経由で全て代行してくれる

転職エージェントは、転職活動の流れを教えてくれるどころか、面接希望の企業には、転職エージェントが申し込みを代行してくれます。

申し込む順番も、最初は面接慣れしていないため、第3希望くらいの企業から転職を開始し、第一希望を最後の方にスケジュールすることが一般的ですが、その辺も配慮して勝手にスケジュール管理してくれます。

そのため、転職活動の一般的な作戦の立て方を知らなかったとしても、転職エージェント側で管理してくれるメリットがあります。

職務経歴書の添削や、面接対策をしてくれる

転職エージェントは、転職エージェト側で、内定をもらってくる人のパターンやノウハウの多くを保有しています。

そのため、職務経歴書を自分で試行錯誤して作成するよりも、叩きを作ってしまって、転職エージェントに添削してもらいながら作っていく方が早いです。

年収交渉をしてくれる

転職エージェントは、内定を獲得した後に、年収が低かった場合に年収交渉してくれます。

一般的に、転職エージェントは、転職希望者のスペックや年齢に応じだいたいの相場を把握しています。また、年収交渉のコツや、コネクションによる信頼関係を持っています。

自分で応募し内定をもらった場合は、大抵現状維持か年収ダウンになってしまうと言われています。

だから、転職エージェント経由で申し込むのがおすすめなのです。

SIer業界からの転職を成功させるポイント

SIer業界から転職する場合、最も大事なポイントを説明しておきます。

SIer業界から転職する場合の成功パターンは比較的決まっているため、自分が転職活動で何を実現したいのか明確にしておくことがポイントです。

どんなに転職エージェントに色々求めたとしても、転職エージェントが出来ることがもちろん限られています。

大事なのは、成功パターンを知っておくことと、自分が何を実現したいのか明確にしておくことです。

  • 得意分野を伸ばしたい
  • 年収を上げたい
  • 残業時間を減らしたい

色々あると思いますが、転職で全てを叶えることは極めて稀と思っていた方がよいでしょう。

SIer業界からの転職を成功させるポイント

  • SIer業界からの転職の成功パターンを知っておくことと
  • 自分が何を実現したいのかを明確にしておくこと

転職活動前に準備すべき本

まとめ

この記事では、初めてのSIer転職で転職エージェント選ぶ際はリクルートエージェントをおすすめする理由について解説させていただきました。
まとめると、以下のようになります。

初めてのSIer転職で転職エージェント選ぶ際はリクルートエージェントをおすすめする理由まとめ

  • SIerの転職の成功パターンはだいたい決まっている
  • 初めての転職には総合型エージェントの最大手であるリクルートエージェントがおすすめ
  • 転職活動をする際は、転職で自分が何を実現したいのかを明確にしておくこと
ぴなもと

ではまた。

ABOUT ME
ぴなもと
ぴなもと
神奈川在住のアラサー世代。 理系大学院を卒業し、SI業界のソフトパッケージ開発職として入社する。 SI業界に嫌気が差し、生活そのものを変えるために、ミニマリストというスタイルにたどり着く。 会社に縛られず、フリーランスのような、自由で自律した生活を好む。 みぽりんと合わせたら、世帯年収は1000万を超える。
転職エージェントに登録して市場価値を確認しよう

転職したいけどなかなか踏み出せない…

いまや、新卒の3割が3年以内に転職しているので、転職という選択肢は一般的で、誰もが普通に経験しています。

当ブログでは、誰にでもおすすめできる転職エージェントとして、リクルートエージェントを勧めています。

理由ですが、ある程度の期間で、接触できるエージェントは基本1つしか選べません。
そんな中、リクルートエージェントは最も求人数も多く、大手企業で出回っている公開求人はほぼおさえています。

また、総合型エージェントと呼ばれるリクルートエージェントは、異業種・異職種への転職にも対応しています。システムエンジニアからコンサルタントなど、異職種での転職で年収UPさせてきた実績も豊富なエージェントが多いということです。

また、エージェントが送り出した転職者の実績に基づくコネクション・信頼を多数持っているため、非公開求人も多く持っているのが特徴です。

まずは転職エージェントと面会して、自分の市場価値や、市場状況をヒアリングしてみることをおすすめします。

ランキング1位:リクルートエージェント
リクルートエージェントです。
エージェントの中では、迷ったらリクルートエージェントを利用すべきと言います。
理由としては、リクルートエージェントは総合型であり、どの分野も幅広く対応していて求人数も最大級だからです。エージェントによっては特化型もあり、得意分野が異なることもありますが、リクルートエージェントはどんな業界にも対応しています。また、非公開求人も多く保有し、見逃すことはできないエージェントです。
ランキング2位:マイナビエージェント
マイナビエージェントです。マイナビエージェントは総合型エージェントであり、リクナビエージェントよりも非公開求人は少ないですが、マイナビエージェントが気に入った場合は、こちらで進めることも可能です。
ランキング3位:レバテックキャリア
レバテックキャリアは、総合系エージェントでなく、ITの特化型エージェントです。
もの凄くオススメですが、ITに特化しているため3位です。
志望業界がITに特化している場合はレバテックキャリアはフリーランス業界などの転職でも有名で実績があり、IT業界からの信頼が厚くオススメのエージェントです。