SEから転職する

なぜSEの異業種への転職ではWeb系エンジニアがおすすめなの?~仕事内容・求められるスキル・将来性を解説!~

みぽりん

SE業界では、転職者が多いって本当?
大手企業も多くて魅力もありそうなのに。
Web系エンジニアに転職してしまうことが多いって聞くけどどうなの?

ぴなもと

SIer業界はWeb系エンジニアに転職してしまう人は多いよ。
SIer業界は、異業種への転職がとても多い業界だ。
でもなぜWeb系エンジニアなのだろうか?
その辺を詳しく解説してみるよ。

この記事が対象としている読者

  • SIerからWeb系エンジニアに異業種転職する人が多い事情について知りたい人
  • Web系エンジニアの働き方について知りたい人
  • SIerのエンジニアからWeb系のエンジニアに転職したい人について知りたい人

転職活動前に準備すべき本

SIerのエンジニアから異業種転職するならWebエンジニアがおすすめ

SIerからWeb系エンジニアへの転職はおすすめの異業種転職となっています。

では、なぜ異業種のWeb系エンジニアへ転職する方が多いのでしょうか?

SIerとWeb系エンジニアで異なる特徴を比較してみます。

SIer企業 Web系企業
立場 受託会社 事業会社
開発規模 大きい 小さい
強み 納期・設計・関係者調整能力の高さ アイデアと速さ
インフラ オンプレ,開発と運用完全分離 クラウド、DevOps
アプリケーション言語 Java,.NET等 Ruby,Python,PHP
予算実績管理 人月(労働集約型。きまった期日までに決まった成果物を納める) 成果(成果報酬型。作ったサービスがどれだけ売上につながったか)

このように、SIerとWeb系では大きく異なるところがあります。
まずはビジネスモデルが異なります。受託会社か事業会社かという点です。

SIerの場合、事業会社からシステム開発案件を受注し、案件に関する設計を行ない、成果物を納品すると、対価をもらうことができます。
事業会社によって要求されたシステムの要件定義を行い、その通りにシステムを納品さえすれば、そのシステムによって事業会社の業務がどれだけ利益に繋がったかについて、SIerには問われませんでした
つまり、そのシステムを開発することに価値があるかどうかは考えてこなかったのです。

その分、事業会社から案件を受託さえすればお金は貰えるため、事業に意味のある仕事かどうかよりも、言われたシステムをとにかく納期通り納めることを優先します。

それが自分たちにも顧客にも、本当の意味で役に立っているかは問わず。。。

一方、Web系は、成果物は自社のサービスとして使用するため、決まった期日までに成果物を納品するかどうかよりも、価値のある成果物を早く作ることができるかということが問われます。
SIerの場合でしたら、期日までに成果物を確実に納品しなければいけないため、進捗管理や調整能力、設計の確実さが求められました。
Web系の場合は、仕様をあいまいにする代わりに、早く成果物をフィードバックし、その成果を用いて自社で事業を展開するハイリスクな戦略を取ることで、成功したときは青天井式に売上が跳ね上がることが可能になりました。

上記のような理由から、SIerに求められることは、確実に成果物を納品できるようにリスクコントロールできること(それ自体に価値があるかどうかではない)であり、Web系に求められることは、高い価値を持つ成果物という棲み分けになっていきました。

そうなったときに、SIerは、納品物さえ届けられれば、レガシーなシステムや不要なシステム案件でも納品することもあるし、Web系は、ハイリスクを請負う代わりに、モダンな技術を用いてとにかくクリエイティブで価値の高い成果物を世に展開するような流れになっていきました。

上記のように、Web系エンジニアに転職する最大のメリットは、以下だと思います。

  • 自分たちで事業を追い、顧客に必要なサービスをとことん追求できる
  • 技術選定やサービスについて、品質は自分たちでコントロールすることが出来る

SIerとWeb系の違いは以下でも解説しています。

https://minimalist.pinamoto.com/2018/08/31/sier%e3%81%a8web%e6%a5%ad%e7%95%8c%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84%e3%81%a8%e3%80%81sier%e3%81%af%e3%81%aa%e3%81%9c%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%8c%e5%87%ba%e6%9d%a5/

今すぐ転職エージェントに登録しよう

転職したいけどなかなか踏み出せない…

忙しくて転職について調べてる時間がない…

転職エージェントに登録して支援を受ければ、転職活動の流れから職務経歴書の記入、面接練習、企業への申し込みからスケジュール管理まで全て行ってくれます。

ランキング1位:リクルートエージェント
リクルートエージェントです。
エージェントの中では、迷ったらリクルートエージェントを利用すべきと言います。
理由としては、リクルートエージェントは総合型であり、どの分野も幅広く対応していて求人数も最大級だからです。エージェントによっては特化型もあり、得意分野が異なることもありますが、リクルートエージェントはどんな業界にも対応しています。また、非公開求人も多く保有し、見逃すことはできないエージェントです。
ランキング2位:マイナビエージェント
マイナビエージェントです。マイナビエージェントは総合型エージェントであり、リクナビエージェントよりも非公開求人は少ないですが、マイナビエージェントが気に入った場合は、こちらで進めることも可能です。
ランキング3位:レバテックキャリア
レバテックキャリアは、総合系エージェントでなく、ITの特化型エージェントです。
もの凄くオススメですが、ITに特化しているため3位です。
志望業界がITに特化している場合はレバテックキャリアはフリーランス業界などの転職でも有名で実績があり、IT業界からの信頼が厚くオススメのエージェントです。

Webエンジニアが最先端の技術を身につける間にSIerに留まっているとこんなデメリットが・・・

SIerに留まっていると、Web系エンジニアと比べてどのようなデメリットがあるのでしょうか?

レガシーなシステムの保守に回されることが多い

SIerのエンジニアとWeb系エンジニアで仕事はどれほど違いがあるのでしょうか?

SIerのシステムは、企業の基幹系システムのようなデカいシステムを担ってることもあります。基幹系システムとは、以下のことを言うシステムを指します。

基幹系システムとは、企業の情報システムのうち、業務内容と直接に関わる販売や在庫管理、財務などを扱うもの。あるいは、単に、業務やサービスの中核となる重要なシステム。

扱うデータの大半は定型的なもので、扱う人間も事務員や発注担当者など操作に慣れている者が多いため、複雑なインターフェースや出力の柔軟性よりも安定性と正確さが要求される。

利用開始後の改良が行われることは少なく、最初から十分な完成度を要求されるシステムである。業務内容に大幅な変更があった場合などを除いて、一度完成されたシステムは長期に渡ってそのまま使われ続けることが多い。

引用:IT用語辞典

業務の中核となるような、システムであり、このシステムの運用は、ほぼ24時間365日止まることが許されないきつい職場環境が多いでしょう。

また、ソースコードも、COBOLのようなレガシーなソースコードも存在します。

 

納期が柔軟に変更できる

納期が遅延した場合、SIer側に厳しい目が当てられることになります

納期が遅延するケースですが、SIerの責任だけではない場合も多いです。

情シス側が、ユーザ側の意図をくみ取らずに、後から業務要件が漏れているとか言い出すこともあります。

その際、事業側が不安になり、必要以上にテスト項目のエビデンス資料を求められることもあります。

いわゆるエクセルにスクショを貼って説明資料を事業側に向けて補足する作業です。

こういった作業が増えれば、当然プログラミングやシステム開発に割く時間は短くなってしまいます。

お客様先常駐のSEとして配属されることがある

SIerのエンジニアの職場環境は、お客様先常駐の職場もあると思います。

そうなった場合、上流のクライアントから無理難題を強いられたり、上司の遠い職場で日中仕事ぶりを見られることにもなり、休むにも休めず緊張感がぬぐえない職場もあることでしょう。

下請け会社は給料が安い

SIer業界はゼネコン構造を形成していると言われています。

そのため、大手を除き、利益は上流から中間マージンを抜かれてしまいます。

そのため、子会社系のSIerの給料は、親会社に比べ2~3割安いと言われています。

コンサル業界は給料も高いです。また、上流のSIerも、1次請け案件も多く高めとなっています。

ただ、2次請け、3次請けは悲惨でしょう。

転職サイトで求人探し(SE転職編)
転職する際に、「転職エージェントに接触する前に」現在の公開求人を確認しておきたい…

こんな場合は転職サイトで公開求人を見るのが正解です。サイト毎に登録されている求人は異なるので、全て一通り登録しておき、自分が受けたい企業や職種の求人を確認しておきましょう。

ランキング1位:リクナビNEXT
リクナビNEXTです。
求人数ではNo1であり、どの業界も幅広く対応していて、基本的にこのサイトは登録必須のサイトです。求人企業やエージェントからのスカウトメールも多いです。リクナビエージェントとは異なり、エージェントのように電話は来ないため、気楽に利用出来ます。
総合評価
求人量
使いやすさ
ランキング2位:ビズリーチ
画像準備中
ビズリーチです。ヘッドハンター型の求人掲載サイトですが、500万クラスの求人や、転職エージェントからのスカウトメールもあり、リクナビNEXTにはない求人もあるため、登録しておきます。超大手の求人が多いです。
総合評価
求人量
使いやすさ
ランキング3位:マイナビ転職
マイナビの転職サイトです。
リクナビNEXTより求人量は少ないですが、リクナビNEXTにはない中規模の企業の求人も掲載していることがあるため、登録しておいて損はありません。
総合評価
求人量
使いやすさ

 

転職活動前に準備すべき本

まとめ

この記事では、Web系エンジニアに転職するについて解説させていただきました。
まとめると、以下のようになります。

SIerのエンジニアからWeb系エンジニアに転職するメリットまとめ

  • 自分たちで事業を追い、顧客に必要なサービスをとことん追求できる
  • 技術選定やサービスについて、品質は自分たちでコントロールすることが出来る
ぴなもと

ではまた。

転職口コミサイトで企業の評判を確認しておこう

興味のあった求人があるけど、入社した後に第一印象と違ったらどうしよう…

転職に踏み切りたいけど、実際仕事している人の意見を聞いて確信を得たい…

そんな方におすすめなのが転職口コミサイトです。

転職後に、「こんなんじゃなかった…」と思わないためにも必ず確認しておきたいです。

口コミサイトは各サイトでそ口コミ内容が異なるため、なるべく多くのサイトの口コミを確認しておきましょう。

ランキング1位:キャリコネ
キャリコネです。
登録すると、企業のクチコミを無料で閲覧することが出来ます。
Vorkersや転職会議は、月額で費用がかかってしまいますが、キャリコネは費用がかからずお得となっているため、利用しない手はありません。
総合評価
求人量
使いやすさ
ランキング2位:Vorkers
Vorkersです。あらゆるクチコミが網羅されていて、文句の付け所がありません。
ただし、登録には課金が必要です。
登録する価値は必ずあるので登録することをお勧めします。
総合評価
クチコミ量
信頼度

公式ページ

ランキング3位:転職会議
転職会議のサイトです。
一生に数回あるかないかの転職ではクチコミサイトは全て見通した上で志望企業を決めるのがポイントです。
クチコミであるため、キャリコネやVorkersに記載されていないクチコミもあるため、登録はしておくことに越したことはありません。
クチコミ量もなかなかの量となっています。
総合評価
求人量
使いやすさ

公式ページ

転職をを考えている人に、転職活動の流れを説明した記事はこちらです。
新卒採用の時とは異なり、転職活動は基本一人ですが、転職エージェントを使えば、費用は無料で転職サポートを受けることが可能です。

https://minimalist.pinamoto.com/2018/08/24/%e3%80%90%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%81%a7%e3%81%af%e6%95%99%e3%81%88%e3%81%a6%e3%81%8f%e3%82%8c%e3%81%aa%e3%81%84%e3%80%91%e8%bb%a2%e8%81%b7%e6%b4%bb%e5%8b%95%e3%81%ae%e6%b5%81%e3%82%8c/

転職を考えたい人に、おすすめの転職エージェントの記事は以下です。初めての転職では総合系エージェントとしてリクルートエージェントがオススメです。

https://minimalist.pinamoto.com/2018/09/02/%e6%9c%ac%e5%bd%93%e3%81%ab%e5%bd%b9%e7%ab%8b%e3%81%a4%e4%bc%81%e6%a5%ad%e3%81%ae%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%bb%e8%bb%a2%e8%81%b7%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%bb/

SIerから転職を考えている方は以下の記事も参考にしてください

https://minimalist.pinamoto.com/2018/10/07/sier%e3%82%92%e8%be%9e%e3%82%81%e3%81%9f%e3%81%84sier%e3%82%92%e8%be%9e%e3%82%81%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%af%e8%89%af%e3%81%84%e3%81%91%e3%81%a9%e4%bb%96%e3%81%ab%e3%81%a9%e3%82%93%e3%81%aa/

SIerからの転職で年収を上げた方の典型的成功パターンをまとめました

https://minimalist.pinamoto.com/2018/11/19/sier%e3%81%ae%e8%bb%a2%e8%81%b7%e3%81%a7%e5%b9%b4%e5%8f%8e%e3%82%92100%e4%b8%87%e5%86%86%e4%b8%8a%e3%81%92%e3%82%8b%e4%b8%80%e8%88%ac%e7%9a%84%e3%81%aa%e6%88%90%e5%8a%9f%e3%83%91%e3%82%bf%e3%83%bc/

初めてのSIer転職で最もおすすめの転職エージェントはリクルートエージェントです

https://minimalist.pinamoto.com/2018/11/20/%e5%88%9d%e3%82%81%e3%81%a6%e3%81%aesier%e8%bb%a2%e8%81%b7%e3%81%a7%e8%bb%a2%e8%81%b7%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%83%88%e9%81%b8%e3%81%b6%e9%9a%9b%e3%81%af%e3%83%aa%e3%82%af/

ABOUT ME
ぴなもと
ぴなもと
神奈川在住のアラサー世代。 理系大学院を卒業し、SI業界のソフトパッケージ開発職として入社する。 SI業界に嫌気が差し、生活そのものを変えるために、ミニマリストというスタイルにたどり着く。 会社に縛られず、フリーランスのような、自由で自律した生活を好む。 みぽりんと合わせたら、世帯年収は1000万を超える。
転職エージェントに登録して市場価値を確認しよう

転職したいけどなかなか踏み出せない…

いまや、新卒の3割が3年以内に転職しているので、転職という選択肢は一般的で、誰もが普通に経験しています。

当ブログでは、誰にでもおすすめできる転職エージェントとして、リクルートエージェントを勧めています。

理由ですが、ある程度の期間で、接触できるエージェントは基本1つしか選べません。
そんな中、リクルートエージェントは最も求人数も多く、大手企業で出回っている公開求人はほぼおさえています。

また、総合型エージェントと呼ばれるリクルートエージェントは、異業種・異職種への転職にも対応しています。システムエンジニアからコンサルタントなど、異職種での転職で年収UPさせてきた実績も豊富なエージェントが多いということです。

また、エージェントが送り出した転職者の実績に基づくコネクション・信頼を多数持っているため、非公開求人も多く持っているのが特徴です。

まずは転職エージェントと面会して、自分の市場価値や、市場状況をヒアリングしてみることをおすすめします。

ランキング1位:リクルートエージェント
リクルートエージェントです。
エージェントの中では、迷ったらリクルートエージェントを利用すべきと言います。
理由としては、リクルートエージェントは総合型であり、どの分野も幅広く対応していて求人数も最大級だからです。エージェントによっては特化型もあり、得意分野が異なることもありますが、リクルートエージェントはどんな業界にも対応しています。また、非公開求人も多く保有し、見逃すことはできないエージェントです。
ランキング2位:マイナビエージェント
マイナビエージェントです。マイナビエージェントは総合型エージェントであり、リクナビエージェントよりも非公開求人は少ないですが、マイナビエージェントが気に入った場合は、こちらで進めることも可能です。
ランキング3位:レバテックキャリア
レバテックキャリアは、総合系エージェントでなく、ITの特化型エージェントです。
もの凄くオススメですが、ITに特化しているため3位です。
志望業界がITに特化している場合はレバテックキャリアはフリーランス業界などの転職でも有名で実績があり、IT業界からの信頼が厚くオススメのエージェントです。