サラリーマン(総合職)の仕事内容

残業代がつく会社で、残業をするのが得かどうかを解説します。

残業をした方がよいと思う誤解

一見残業って悪くないように見えます

  • 残業代
  • 自分の仕事を進められる
  • 仕事遅くても仕事してるアピール

残業は100害あって1利無しの理由

本当に残業をした方がお得なのでしょうか。残業のデメリットを整理してみたいと思います

  • 自分の時間がなくなる
    • 自己啓発
    • 副業
    • 趣味
  • 時間単価でいうと損してる場合が多い
    • 福利厚生変わらず
    • (基本給+ボーナス)÷20の時間単価以下
    • 仕事のアウトプットは将来的に自分の資産にならない
  • 転職時に残業代による年収はあまり加味されない
    • 基本給をベースに見られるが残業代は別で考えられる
    • 転職活動の時間も確保しづらい

残業をして得するのは以下のような戦略をする人だけです

  • 会社の社内政治に勝って昇格していきたい人

逆に以下のような人は向かない

  • 転職をして軸ずらしキャリアアップなどを考えている人
  • 副業などをしていき複数の収入源で生活したい人
  • ワークライフバランスを高めていきたい人

お金を稼ぎたいなら

  • 労働時間を増やすよりも以下を行うべき
    • 節約して不要な支出を減らす
    • 時間単価を上げる

定時退社してポータブルスキルを高めよう

  • 残業で身につく知識は、社内スキル

これから一つの会社の権威は薄まり個の時代が強まっていく。自己投資、副業などを通じ、ポータブルなスキルを高めて変化に対応できる人物になりましょう

ABOUT ME
ぴなもと
ぴなもと
神奈川在住のアラサー世代。 理系大学院を卒業し、SI業界のソフトパッケージ開発職として入社する。 SI業界に嫌気が差し、生活そのものを変えるために、ミニマリストというスタイルにたどり着く。 会社に縛られず、フリーランスのような、自由で自律した生活を好む。 みぽりんと合わせたら、世帯年収は1000万を超える。
倍率100倍の社内SEに入社してぴなもとが、ホワイト企業で働く方法を教えます!!

エンジニアの転職希望者の7割が転職を希望すると言われる社内SE。。。

何も実力もないぴなもとが、倍率100倍の超難関有名ホワイト企業に内定を獲得し、転職を決めた方法、知りたくないですか?

社内SEへの転職は非常にテクニック的な要素が強く、内定をうまく獲得できなければ、
高倍率の沼にハマり、転職活動が長期化してしまうリスクも大きいです。

また、会社により様々な社風がある事業会社を受けるのですから、安易に社内SEに行けばホワイトとも言えないのが危険なところであり、

そんなぴなもとが、倍率100倍の競合から勝ち取った戦略的テクニックを以下で解説していています。是非一度手に取ってみてください。