ふるさと納税

【誰でもできる節税方法!!】ふるさと納税で最もおすすめの返礼品を紹介!!!!-申し込み方法も解説します-

みぽりん

ぴなもとが教えてくれたふるさと納税で鹿児島の美味しいすき焼き用のお肉もらっちゃった~。ふるさと納税って簡単なんだね~。これも記事にした方が良いんじゃない?

ぴなもと

ふるさと納税って簡単に申し込むことができるのに、なんとなく難しい印象があって敬遠している人がいるけど、申し込みはものすごく簡単だよね~。

少し種明かしするけど、ふるさと納税は、ワンストップ特例制度という超簡単な申し込み方法を使えば、ネットショッピングレベルで申し込み&返礼品を獲得できるんだ。

この記事では、ふるさと納税とは何かふるさと納税でどれくらい節税できるのかふるさと納税の申し込み方法からおすすめの返礼品まで紹介していくよ!!

この記事が対象としている読者

  • ふるさと納税についてなんとなく難しいと思っていて避けていた人
  • ふるさと納税の申し込み方法について知りたい人
  • ふるさと納税でどれくらい節税できるか知りたい人

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄付が出来る制度のことで、寄付をするとその自治体から返礼品をもらうことができます。

ふるさと納税とは?

応援したい自治体に寄付が出来る制度のこと。寄付した代わりに自治体は返礼品をくれることが多い。

なぜふるさと納税が話題なの?

ふるさと納税ですが、寄付をして所定の手続きをすると、所得税や住民税の控除を受けることが可能です。
つまり言い返せば、返礼品をもらうことが出来るにもかかわらず寄付金が節税対象であるため、タダでモノをもらえるような制度になっているのです。
つまり、ふるさと納税が話題になっている理由は、この返礼品をタダ同然で貰えてしまうからであり、実際にふるさと納税をする方のほとんどは、寄付よりも返礼品目的で納税しているというのが実態となっているのです。

ふるさと納税はなぜ人気?

  • 好きな自治体に寄付したお金は基本非課税
  • 寄付した自治体から返礼品が貰えるため、節税対策になる

ふるさと納税の控除額の限度はどれくらい?

ふるさと納税の税金控除の仕組みは上記のようになっています。
ふるさと納税した額に対し、自己負担額2000円が発生します。
納税した額に応じて、その年の所得税と、翌年の住民税が控除される仕組みです。
それに加え、自分の収入や家族構成に応じた限度額があるため、その限度額に応じて寄付しないと、超過分は控除が受けられないため、ただ寄付をしただけになってしまいます。そのため納税額は注意が必要です。
下記に収入や家族構成に応じた税金控除の限度額を記載しますので、確認してみてください。
また、下記の表を見ても実際はおおざっぱにしかわからないので、少し余裕を持ったふるさと納税を行う方が多いようです。

ふるさと納税を行う方本人の給与収入 ふるさと納税を行う方の家族構成
独身又は共働き 夫婦 共働き+子1人(高校生) 共働き+子1人(大学生) 夫婦+子1人(高校生) 共働き+子2人(大学生と高校生) 夫婦+子2人(大学生と高校生)
300万円 28,000 19,000 19,000 15,000 11,000 7,000
325万円 31,000 23,000 23,000 18,000 14,000 10,000 3,000
350万円 34,000 26,000 26,000 22,000 18,000 13,000 5,000
375万円 38,000 29,000 29,000 25,000 21,000 17,000 8,000
400万円 42,000 33,000 33,000 29,000 25,000 21,000 12,000
425万円 45,000 37,000 37,000 33,000 29,000 24,000 16,000
450万円 52,000 41,000 41,000 37,000 33,000 28,000 20,000
475万円 56,000 45,000 45,000 40,000 36,000 32,000 24,000
500万円 61,000 49,000 49,000 44,000 40,000 36,000 28,000
525万円 65,000 56,000 56,000 49,000 44,000 40,000 31,000
550万円 69,000 60,000 60,000 57,000 48,000 44,000 35,000
575万円 73,000 64,000 64,000 61,000 56,000 48,000 39,000
600万円 77,000 69,000 69,000 66,000 60,000 57,000 43,000
625万円 81,000 73,000 73,000 70,000 64,000 61,000 48,000
650万円 97,000 77,000 77,000 74,000 68,000 65,000 53,000
675万円 102,000 81,000 81,000 78,000 73,000 70,000 62,000
700万円 108,000 86,000 86,000 83,000 78,000 75,000 66,000
725万円 113,000 104,000 104,000 88,000 82,000 79,000 71,000
750万円 118,000 109,000 109,000 106,000 87,000 84,000 76,000
775万円 124,000 114,000 114,000 111,000 105,000 89,000 80,000
800万円 129,000 120,000 120,000 116,000 110,000 107,000 85,000
825万円 135,000 125,000 125,000 122,000 116,000 112,000 90,000
850万円 140,000 131,000 131,000 127,000 121,000 118,000 108,000
875万円 145,000 136,000 136,000 132,000 126,000 123,000 113,000
900万円 151,000 141,000 141,000 138,000 132,000 128,000 119,000
925万円 157,000 148,000 148,000 144,000 138,000 135,000 125,000
950万円 163,000 154,000 154,000 150,000 144,000 141,000 131,000
975万円 170,000 160,000 160,000 157,000 151,000 147,000 138,000
1000万円 176,000 166,000 166,000 163,000 157,000 153,000 144,000
1100万円 213,000 194,000 194,000 191,000 185,000 181,000 172,000
1200万円 242,000 239,000 232,000 229,000 229,000 219,000 206,000
1300万円 271,000 271,000 261,000 258,000 261,000 248,000 248,000
1400万円 355,000 355,000 343,000 339,000 343,000 277,000 277,000
1500万円 389,000 389,000 377,000 373,000 377,000 361,000 361,000
1600万円 424,000 424,000 412,000 408,000 412,000 396,000 396,000
1700万円 458,000 458,000 446,000 442,000 446,000 430,000 430,000
1800万円 493,000 493,000 481,000 477,000 481,000 465,000 465,000
1900万円 528,000 528,000 516,000 512,000 516,000 500,000 500,000
2000万円 564,000 564,000 552,000 548,000 552,000 536,000 536,000
2100万円 599,000 599,000 587,000 583,000 587,000 571,000 571,000
2200万円 635,000 635,000 623,000 619,000 623,000 607,000 607,000
2300万円 767,000 767,000 754,000 749,000 754,000 642,000 642,000
2400万円 808,000 808,000 795,000 790,000 795,000 776,000 776,000
2500万円 849,000 849,000 835,000 830,000 835,000 817,000 817,000
ふるさと納税ですが、年収の高い方ほど控除される額が大きい仕組みになっています。
また、ふるさと納税自体は寄付という形なので、実際は、控除された税金に対しもらえる返礼品の還元率が節税効果となります。実際、貰える返礼品の還元率は、寄付額の30%程度ということを総務省で指導されていますが、実際はもっと高い還元率の返礼品が出回っているのが現状です。
そのため、年収が高い方や共働きの方は、ふるさと納税で節税すると額も相当な金額になってくるので、必ず納税しましょう。

ふるさと納税の税金控除額

  • 年収や家族構成によって控除額は変わってくる
  • 控除額を超えると、超えた分は自己負担
  • 必ず自己負担額2000円は発生する

ふるさと納税の申し込み手順

ふるさと納税の申し込み手順について解説します。

ふるさと納税のサイトへアクセスする

ふるさと納税は、ふるさと納税を受け付けているふるさと納税のサイトから申請します。
有名な納税サイトは、ソフトバンクの子会社が運営するさとふる、アマゾン商品券でキャッシュバックがあるふるなび、楽天ポイントで納税できる楽天ふるさと納税です。

おすすめのふるさと納税サイト

  • さとふる
  • ふるなび
  • 楽天ふるさと納税

返礼品を選択する

次に、ふるさと納税のサイトへ進んだら、返礼品を選択します。
試しに、返礼品が最も多いサイトの一つでもあり、Amazonギフト券もついでに貰えるふるなびで、ふるさと納税の返礼品を選択してみます。
まずは、ふるなびのサイトへ進みます。

  1. ここでは、佐賀県みやぎ町の黒毛和牛1100gを選択してみます。
  1. [寄付を申し込む]を選択します

申込者情報へ進む

  1. [申込者情報]を入力します
  1. [ワンストップ特例制度を利用する]を選択します。これは、確定申告が必要なしで、後日送られてくるワンストップ特例制度用の申請書に住所等を入力して返送すれば、確定申告が不要になる制度です。必ず選択してください。
  2. 生年月日等必要な情報を入力します
  3. 配送先が申込者と異なる場合にチェックをします。返礼品を自分ではなく実家に送りたいとかあれば選択してください。
  1. 寄附情報を入力します。
  1. 納入方法を選択してください
  1. 返礼品は[返礼品を希望する]を選択します。でないとタダで寄付したことになってしまいます
  1. 応援メッセージは任意です
  1. 氏名、住所の公表を希望する、しないを選択します。わからなければ[希望しない]をおすすめします
  1. [申請確認画面へ]を選択します。
  1. 入力した情報の確認画面が出てきますので、確認したら[送信する]を選択します。

 

これにて申請は完了です。
あとは、返礼品が届き、年内にワンストップ特例制度の用紙を返送するだけです。

おすすめの返礼品

ここでは、ふるさと納税のおすすめの返礼品を紹介します。
おすすめの返礼品の基準は以下です。

  • 食料など、普段必ず消費する返礼品を選んで実質現金化する
  • 金券など、現金化できる返礼品を選んで現金化する
  • 還元率の高い返礼品を選択する

せっかく節税するのに、不要な返礼品をもらっては元も子もありません。
そのため、上記の基準を守ると、以下のような返礼品は誰に対してもお勧めできます。

お米

お米って誰でも食べますよね。
お米1万円で15kgとか普通にふるさと納税で貰えます。

肉類

肉類もオススメです。
冷凍で届くのですが、1万円で1.5kgとか普通にあったりするのでオススメです。
豚肉とかであれば1万円で4kgとかとどきますよ。

金券

僕が最もオススメしているのは金券です。
理由は、金券ショップで95%くらいの換金率で換金可能だからです。
換金しなくても、有効期限が無期限である金券も多いので、使う機会になったら使えば良いです。
最大の還元率は、旅行券です。通常30%が普通なのに、50%の還元率は他にないです。米とかも実質現金化したら30%分くらいしか貰えません。
50%の換金率を誇る自治体はどこか。以下にヒントを載せておきます笑

では、皆さん早めにどうぞ笑

ふるさと納税の返礼品の選び方のコツ

  • 食料など、普段必ず消費する返礼品を選んで実質現金化する
  • 金券など、現金化できる返礼品を選んで現金化する
  • 還元率の高い返礼品を選択する

まとめ

この記事では、ふるさと納税について記載させていただきました。

ふるさと納税とは何か
ということや、ふるさと納税でどれくらい節税できるのかふるさと納税の申し込み方法、そしておすすめの返礼品について紹介させていただきました。

ふるさと納税まとめ

  • 自治体にお金を寄付する代わりに返礼品が貰える
  • 自己負担額は2000円、基本それ以外は控除だが、控除には限度額がある
  • 申請方法はふるさと納税の各サイトで。申込時にワンストップ特例制度を使って確定申告を不要にすることで誰でも簡単に手続きが行える
  • 返礼品は、現金化しやすいものがおすすめ
ぴなもと

ではまた。

ABOUT ME
ぴなもと
ぴなもと
神奈川在住のアラサー世代。 理系大学院を卒業し、SI業界のソフトパッケージ開発職として入社する。 SI業界に嫌気が差し、生活そのものを変えるために、ミニマリストというスタイルにたどり着く。 会社に縛られず、フリーランスのような、自由で自律した生活を好む。 みぽりんと合わせたら、世帯年収は1000万を超える。
ネットビジネスで副業して会社以外の収入を手に入れよう!

当ブログでは、ブログによるネットビジネスをオススメしています。

ブログでビジネスを始めるためには、ドメインやサーバー、ブログテーマを購入する必要がありますが、初期投資としては3万円もあればお釣りがきます。

また、自分とパソコンさえあれば、初期投資もなくビジネスを始めることが出来ます

つまり、本業をしながらリスクをとらずにビジネスを立ち上げることが可能です

しかも、半年で月20万円程度の収益をあげる人もおり、月100万稼ぐブロガーもざらにいます。

副業の収入が本業の収入を超えれば、自由で自律的な生活を手に入れることが出来ます。

本ブログでは、ブログを始めたい方の様々なノウハウを提供しています。
WordPressを構築し、ブログを始めてみませんか?

手順は全てこのブログに記載しており、あとはやるかやらないかの意思だけです。

ぴなもとと一緒に、好きなことを仕事にする生活へ変えませんか?
待っています。

[shiny]ブログで稼ぐとはどういうことか知りたい[/shiny]
[shiny]WordPressを構築する方法を知りたい[/shiny]