プログラミングスクール

システムエンジニアがおすすめするプログラミングスクールはこれだ!!

ぴなもと

システムエンジニアの中に、Web業界に転職したい方がいらっしゃると思います。
しかし、Web業界は、プログラミング能力やGithubの資産を採用面接時に求めることも。
エクセルの作成や雑務ばかりやらされてきた人も多く、プログラミング能力に不安がある人も多いと思います。
そんな人たちにおすすめするのが、「プログラミングスクール」です。
最近は、Web業界に未経験で転職され、単価60万~、のフリーランスエンジニアになれたといった方も増えています。

Web業界やフリーランスエンジニアへの転向は成功パターンはわかってきています。
実際に、ポートフォリオ作成やこういったWeb業界への転職の成功パターンを知ることで、最短のキャリアのルートをたどることができるはずです。

この記事が対象としている読者

  • プログラミングスクールについて知りたい人
  • おすすめのプログラミングスクールについて知りたい人

プログラミングスクールとは何か

プログラミングスクールは、IT業界で働きたい人が、プログラミングの講座を学べるスクールのことです。

ただしこのプログラミングスクールですが、単純なスキルアップを目的に受講している人だけでなく、目的はもっと大きなところにあり、そのメリットを受けられる点にあるというのです。

プログラミングスクールを受講するメリット

では、実際にプログラミングスクールを受講すると得られるメリットはなんでしょうか?

まずは、アプリケーション開発のスキル向上という点があります。

もちろん、プログラミングスクールを受講するのですから、こういったメリットは当然のようにありますし、独学が難しいといわれているプログラミングをワンツーマン形式で学べるのは大きいと思います。

ただ、プログラミングスクールを受講するメリットは、他の2点が大きいです。

まず一つですが、転職保証付のコースがあることです。

もちろんプログラミングスクールですから実力もつきますが、その後に転職保証もつけられるという点が大きいです。(もちろん自分の意向と異なるのであれば断ることもできます

次に、IT人材の人手不足によりフリーランスエンジニアというジャンルが、未経験でも月単価60万~、などの案件で参画できるようになってきている件です。

プログラミングスクールを受講する人たちは、こういったメリットを目的に受講する人が多いようです。

おすすめのプログラミングスクール

1位:TechAcademy

1位はTechAcademyです。

なんといっても、コースの量が他のプログラミングスクールよりも多いことと、費用が安いこと、30歳以下は転職保証コースを受けられ、転職できなければ全額返金保証がついていることです。

2位:DMM WEB CAMP

2位はDMM WEBCAMPです。
リアルスクールで受講したい場合は、TechAcademy以外のスクールを選ぶしかありません。
中でもDMM WEBCAMPは、フロントエンドからインフラまで網羅的に学ぶこともでき、転職保証もあることからおすすめです。

ABOUT ME
ぴなもと
ぴなもと
神奈川在住のアラサー世代。 理系大学院を卒業し、SI業界のソフトパッケージ開発職として入社する。 SI業界に嫌気が差し、生活そのものを変えるために、ミニマリストというスタイルにたどり着く。 会社に縛られず、フリーランスのような、自由で自律した生活を好む。 みぽりんと合わせたら、世帯年収は1000万を超える。
倍率100倍の社内SEに入社してぴなもとが、ホワイト企業で働く方法を教えます!!

エンジニアの転職希望者の7割が転職を希望すると言われる社内SE。。。

何も実力もないぴなもとが、倍率100倍の超難関有名ホワイト企業に内定を獲得し、転職を決めた方法、知りたくないですか?

社内SEへの転職は非常にテクニック的な要素が強く、内定をうまく獲得できなければ、
高倍率の沼にハマり、転職活動が長期化してしまうリスクも大きいです。

また、会社により様々な社風がある事業会社を受けるのですから、安易に社内SEに行けばホワイトとも言えないのが危険なところであり、

そんなぴなもとが、倍率100倍の競合から勝ち取った戦略的テクニックを以下で解説していています。是非一度手に取ってみてください。