SIerの業界研究・市場状況

富士通がまたリストラ!?2019年度4月に割増給付金付き早期退職を45歳以上の富士通グループ全従業員に拡大!リストラされる人材の特徴は!?

ぴなもと

先日、富士通が2019年1月末に行った20000人の間接部門の従業員のうち5000人を割増退職金付き早期退職を含めた営業SE部門へのジョブ選択を執行しました。
しかし、富士通が再度、今度は富士通グループ全従業員に拡大するというスクープを日経xTECHが発表しました。

この記事が対象としている読者

  • 45歳の富士通早期退職の概要について知りたい人
  • 今後のSEの45歳のキャリアを模索したい人

富士通、2019年度4月に組織改編か

富士通が45歳以上の富士通グループ全従業員に、割増退職金付き早期退職を含めたジョブ選択を実施するというスクープが発表されました。

富士通は、1月に間接部門5000人を早期退職を含めた営業SEへのジョブ選択を実施したばかりです。

しかし、富士通のこのリストラは、以前から「物足りない」という声もありました。

19年3月期は、富士通にとってリストラの大きなチャンスともいえる。原資は「リスク分担型企業年金」と呼ぶ新たな年金制度だ。企業側はあらかじめ運用資金を多めに拠出する代わりに、積み立て不足が生じても追加拠出しない。富士通は従来の確定給付型からの移行に伴い、919億円の一過性の利益を計上した。

【関連記事】富士通、「第3の企業年金」導入 大手企業で初

富士通はこれを最大限活用する考え。サーバーなどを製造する独アウクスブルク工場(バイエルン州)の閉鎖費用360億円や、今回の人員削減費用などの一連のリストラ費用と相殺させる。これにより、19年3月期の連結営業利益(国際会計基準)は前期比23%減の1400億円と期初の予想を堅持する考えだ。

富士通の田中社長は、「若手の優秀な人材の給与を上げたい」とも語っています。

早期退職って、どんな人材がリストラされるの?

早期退職でリストラされるような人材は、以下のような社員が挙げられるでしょう。

  • 実力ではなく、45歳以上の年功序列で年収を上げてきた人材
  • 仕事の成果で日頃から良い評判を聞かない人材
  • 休みがち・休職が多い人材
  • 重要なポジションについていない人材

こういった人材になる前に、日系企業はあらゆる手を尽くし、価値の高い人材を目指さないといけません。

市場で生き残るためには

市場で生き残るために気にするべき点は3点です。

  1. どこでも稼げるスキルを高める
  2. エンジニアとしてのスキルを高める
  3. 金融資産を増やしておく

1と2については、やはり一度就職したらあとは安泰という考え方を捨てることに尽きます。
45歳でリストラに遭う可能性を踏まえたキャリアプランが必要になってきているのです。

3の金融資産については、金融資産があれば、心に余裕ができ、早期退職を受け入れる選択肢や、転職なども選択肢の幅が広がるためです。
金融資産の貯め方は、当ブログでもノウハウを多数記載しているので、いろいろ見ていっていただけたら幸いです。

 ぴなログ-ITエンジニアのソフトスキルの教科書-
ぴなログ-ITエンジニアのソフトスキルの教科書-
https://minimalist.pinamoto.com/?cat=12
ミニマリスト・転職・節約・投資・副業でフリーランスを目指す

SIerで生き残るために

市場で生き残るためには、大きく2つを意識する必要があるでしょう

  1. 市場で求められるポジションで仕事をすべき
  2. 残業をしすぎるべきでない

1に関しては、ビジネスは売り上げを上げられる部門に重要なポジションを任せる傾向があるからです。最近だとアジャイルやDevOpsのような要素技術を駆使し、デジタルビジネスやコンサルのような高単価の人材になることが求められるでしょう。

また、2は、SEは残業の多い部署であり、スキルアップの見込めないような仕事も多く、疲弊してしまい泥沼にハマってしまうケースがあるからです。

社内SEになる場合は若いうちに転職しよう

ユーザ系SE(社内SE)などのような業種を目指す場合、コスト部門かつ第二新卒の位置づけで転職することになると思います。

そのため、方向転換したいと決めたら早いうちに転職し軌道修正をすることで、社内のポジションを上げていく事ができると思います。

ユーザSEは残業時間も少なく顧客から無理な要望も受けにくい環境にあるため、働きやすいといわれています。

参考記事は以下で掲載しています。

SE→社内SEへの転職を成功させたい!!~転職先企業の選び方・社内SEの仕事内容・向いている人は誰??~ この記事が対象としている読者 社内SEの仕事内容について知りたい人 社内SEで働くメリット・デメリットを...

転職するなら転職エージェントを活用することが大事

高年収の転職であった場合でも、年収交渉をする上で自分一人では難しいことが知られているため、転職エージェントの力を借りることが一般的になっています。

自分で交渉する場合は、市場の中で自分の市場価値をアピール出来ず、採用側に足下を見られてしまうことが多いからです。

そのため、基本的には年収交渉は転職エージェントにしてもらう事で、年収をダウンさせない交渉が可能です。

また、転職エージェントを活用することで、スケジュールを自動で組んでくれたり、忙しい合間に面接練習してくれるといったメリットも多く、しかも無料なのです。

詳しくは割愛しますが、おすすめの転職エージェントに関する記事はこちらを見てください。

初めてのSIer転職で転職エージェント選ぶ際はリクルートエージェントが最もおすすめなたった一つの理由 この記事が対象としている読者 SIerの転職活動の流れについて知りたい人 SIerの転職エージェントを活...

転職エージェントに登録する前に、転職サイトにも登録しておこう。

また、転職エージェントに登録したいが、キャリア相談をしてもらう時間がないという方もいると思います。

そういった方だとしても、まずは転職サイトには登録しておくことをお勧めしておきます。

なぜなら、無料で登録でき、現状の公開求人をざっと見て、自分に興味がある求人が存在しているかを暇な時間にチェック出来るからです。

おすすめは、リクナビNEXTです。まずは最も大きい転職サイトを一つ登録してみて、自分の興味ある業界の求人情報をチェックしてみると良いでしょう。

まとめ

この記事では、富士通の早期退職全従業員へ拡大のニュースについて解説させていただきました。
まとめると、以下のようになります。

ぴなもと

ではまた。

ABOUT ME
ぴなもと
ぴなもと
神奈川在住のアラサー世代。 理系大学院を卒業し、SI業界のソフトパッケージ開発職として入社する。 SI業界に嫌気が差し、生活そのものを変えるために、ミニマリストというスタイルにたどり着く。 会社に縛られず、フリーランスのような、自由で自律した生活を好む。 みぽりんと合わせたら、世帯年収は1000万を超える。
転職エージェントに登録して市場価値を確認しよう

転職したいけどなかなか踏み出せない…

いまや、新卒の3割が3年以内に転職しているので、転職という選択肢は一般的で、誰もが普通に経験しています。

当ブログでは、誰にでもおすすめできる転職エージェントとして、リクルートエージェントを勧めています。

理由ですが、ある程度の期間で、接触できるエージェントは基本1つしか選べません。
そんな中、リクルートエージェントは最も求人数も多く、大手企業で出回っている公開求人はほぼおさえています。

また、総合型エージェントと呼ばれるリクルートエージェントは、異業種・異職種への転職にも対応しています。システムエンジニアからコンサルタントなど、異職種での転職で年収UPさせてきた実績も豊富なエージェントが多いということです。

また、エージェントが送り出した転職者の実績に基づくコネクション・信頼を多数持っているため、非公開求人も多く持っているのが特徴です。

まずは転職エージェントと面会して、自分の市場価値や、市場状況をヒアリングしてみることをおすすめします。

 

ランキング1位:リクルートエージェント
リクルートエージェントです。
エージェントの中では、迷ったらリクルートエージェントを利用すべきと言います。
理由としては、リクルートエージェントは総合型であり、どの分野も幅広く対応していて求人数も最大級だからです。エージェントによっては特化型もあり、得意分野が異なることもありますが、リクルートエージェントはどんな業界にも対応しています。また、非公開求人も多く保有し、見逃すことはできないエージェントです。
ランキング2位:doda


dodaです。求人数がとにかく多く、非公開求人もあります。
登録しておくと非公開求人を先に公開してくれたりします。転職エージェントの質も、業界2位なので当たりを引きやすいと思います。
基本的に業界での売上が高い方が、質の高い社員が働いていますので。

ただ、だいたいの求人は登録せずとも公開されているため、転職エージェントに登録する前に、求人数の多いdodaで求人状況を眺めてみるといった使い方もありでしょう。エージェントとの面会って準備も必要ですしね

ランキング3位:レバテックキャリア
レバテックキャリアは、総合系エージェントでなく、ITの特化型エージェントです。
もの凄くオススメですが、ITに特化しているため3位です。
志望業界がITに特化している場合はレバテックキャリアはフリーランス業界などの転職でも有名で実績があり、IT業界からの信頼が厚くオススメのエージェントです。

また、現状忙しいため、すぐに転職を考えていなくても、情報や、自分の市場価値だけは把握しておきたい・・そんな方は、まずは転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは、求人の情報だけではありません。自身の履歴書に合わせた転職エージェントからの求人提案のメールが送られてくるため、実際は転職エージェントからの情報も入手できるのです。もちろん返信しなくてもかまいません。

送られてくる求人情報を流し読みし、転職市場の求人状況を定期的に確認します。もちろん、気になれば返信し、転職エージェントに状況をヒアリングすれば良いでしょう。

その際、必ず登録しておくべき求人サイトを一つだけ挙げると、リクナビNEXTです。

リクナビNEXTは、転職サイトの中でも求人数がNo.1であり、登録だけで求人を一通り閲覧できるため、登録しない理由がないのです。

リクナビNEXT
リクナビNEXTです。
求人数ではNo1であり、どの業界も幅広く対応していて、基本的にこのサイトは登録必須のサイトです。求人企業やエージェントからのスカウトメールも多いです。リクナビエージェントとは異なり、エージェントのように電話は来ないため、気楽に利用出来ます。

人気転職ランキングサイトを見たい方は以下もどうぞ。