スマホ代の節約(格安SIM)

LINEモバイルは本当にお得なのか?-メリット・デメリットを徹底解説します!!-

みぽりん

格安SIMを申し込もうか迷ってるかど、Twitterとかよく使うし、LINEで会社の同期とよく連絡し合うんだよね。
なるべく、データ通信料を抑えたいから、TwitterとかLINEのデータ量がカウントフリーになるLINEモバイルにしようと思うんだけど、LINEモバイルって本当に他の格安SIMと比べてお得なのかな?

ぴなもと

結論から言うと、LINEモバイルはお得だと言えると思うよ。
主要SNSのデータ通信が他社の格安SIMと同等の料金でカウントフリーにできる格安SIMはLINEモバイルしかない。
一度、この記事で、他社の格安SIMにはないLINEモバイルの特徴を見てみよう!!

この記事が対象としている読者

  • 格安SIMをLINEモバイルにしようと思っている方
  • LINEモバイルが本当にお得なのか知りたい方
  • 他社ではなくLINEモバイルの格安SIMを申し込んだときのメリットは何か比較したい方

LINEモバイルとは

LINEモバイルは、LINEが提供する格安SIMです。
全プランでLINEのデータ通信がカウントされないため、LINEが使い放題なのが特徴です。
それ以外にもたくさんの特徴的なプランがあります。
また、キャンペーンもたくさん行っている印象です。

格安SIMをLINEモバイルで契約する特徴

LINEモバイルは、以下のように大きく3つのプランがあります。

  • LINEフリープラン
  • コミュニケーションフリープラン
  • MUSIC+プラン

特徴としては一言で言うと、LINEフリープランは、LINEが通信し放題であり、コミュニケーションフリープランは主要SNSが使い放題になり、MUSIC+プランは、先述の2つにLINE MUSICが使い放題になります。

どのプランも、他の格安SIMにはない圧倒的な特徴を持っています。
それについては以下で説明したいと思います。

格安SIMをLINEモバイルで契約するメリット

全プランでLINEのデータ通信がカウントフリーで使い放題になる

LINEモバイルでは、全プラン(LINEフリープラン・コミュニケーションフリープラン・MUSIC+プラン)でLINEが通信し放題になります。
具体的に言うと、LINEの以下の機能がデータ通信し放題になります。

カウントフリーの対象(LINE)

  • 「トーク」でのテキスト・音声メッセージ・スタンプ・画像・動画・その他ファイルの送受信
  • 音声通話・ビデオ通話
  • 「タイムライン」での投稿・カメラ・リレーの利用、閲覧
  • 「友だち」の閲覧、友だち追加
  • 「ニュース」トップ・カテゴリの閲覧
  • 「ウォレット」トップの閲覧
  • スタンプ・着せかえのダウンロード
  • アカウント設定

カウントフリーとならない対象(LINE)

  • 外部リンクへの接続
  • グループ内Liveの利用
  • 「ニュース」詳細の閲覧
  • スタンプショップの利用
  • 着せかえショップの利用
  • LINE Pay・送金・コード支払いコードリーダー・請求書支払い・LINEポイントの利用
  • LINEが提供する他サービスの利用

コミュニケーションフリープランでは主要SNS(LINE/Twitter/Facebook/Instagram)が使い放題

データ容量が3GB以上のプランでは、主要SNS(LINE/Twitter/Facebook/Instagram)が通信使い放題になります。

LINE

LINEは、データフリーとなる機能とデータフリーとならない機能があり、それについては先ほどの記述した通りとなります。

Twitter

Twitterについては以下のようなデータ通信がカウントフリーの対象となります。
Youtube等の他サイトの埋め込み動画URLはカウントフリーに含まれない、等注意点はありますが、基本的なツイートや、Twitterの動画はカウントフリーですので、Twitterをたくさん使う人でもデータ容量を節約することができ、他の格安SIMでは5GBないと収まりきらないくらいデータ通信してる人でも、LINEモバイルならTwitterのデータ通信を抑えることが可能であるため、3GBに収まったりします。通信費の節約が見込める格安SIMになっています。

カウントフリーの対象(Twitter)

  • ツイートの投稿・ツイッターの機能を使って投稿されたツイートの閲覧(画像・動画含む)
  • トレンド・モーメント・通知・メッセージの利用
  • プロフィール・設定とプライバシーの編集
  • ウェブブラウザでの利用

カウントフリーとならない対象(Twitter)

  • 外部リンクへの接続
  • ツイートに含まれるYouTubeなど動画サイトの閲覧
  • 公式アプリ(Twitter,Inc.が提供)以外の利用
  • ライブ動画(Periscope)の配信、閲覧

Facebook

Facebookも画像や動画含むフィードの閲覧等がカウントフリーになります。
ただし、Twitter同様、Youtubeなどの動画が含まれる場合は、カウントフリーの対象とならないので注意しましょう。

カウントフリーとなる対象(Facebook)

  • フィードの閲覧、投稿(画像・動画含む)
  • リクエスト・お知らせ・その他の閲覧、利用
  • プロフィール・設定とプライバシーの閲覧、編集
  • ウェブブラウザでの利用

カウントフリーとならない対象(Facebook)

  • 外部リンクへの接続
  • 投稿に含まれるYouTubeなど動画サイトの閲覧
  • ライブ動画の配信、閲覧
  • Messengerの利用

Instagram

Instagramも、画像・動画含むタイムラインやストーリーズのカウントがフリーになります。
ただし、ライブ動画の配信・閲覧はカウントフリーに含まれないので注意してください。

カウントフリーとなる対象(Instagram)

  • タイムラインの閲覧、投稿(画像・動画含む)
  • ストーリーズの閲覧、投稿
  • 検索の利用(画像・動画含む)
  • アクティビティの利用
  • メッセージの利用
  • プロフィールの閲覧、編集
  • ウェブブラウザでの利用

カウントフリーとならない対象(Instagram)

  • 外部リンクへの接続
  • ライブ動画の配信、閲覧

MUSIC+ オプションが通常より割安で加入できる

LINEモバイルと同時にLINE MUSICを申し込むと、通常申し込む場合の889円よりも安く、750円で申し込むことが可能なので、よりLINE MUSICに気軽に加入出来るようになっています。

LINEモバイルと同時に申し込むと6ヶ月間はさらにお得

さらに、最初の2ヶ月間は750円よりも安い、月額0円、次の4ヶ月は月額500円で申し込むことが可能です。

加入時の割引キャンペーンが多い

LINEモバイルは、他社の格安SIMよりもキャンペーンを多く行なっている印象で、2018年10月段階だと、2018年11月6日までですがキャンペーンを行なっています。
具体的には、音声通話機能付き格安SIMであれば、3つのどのプランを申し込んでも900円引きとなるキャンペーンを行なっています。

今回であれば、初月が無料2ヶ月目~7ヶ月目が900円引きとなり、1年間で最大7800円節約が見込めます。

LINEモバイルの格安SIMにデメリットはあるか?-他社サービスとの比較-

楽天モバイルとLINEモバイルの比較

楽天モバイルとLINEモバイルと比較したとき、どちらが良いかは状況によると言えます。

違いとしては、楽天モバイルは楽天スーパーポイントを通信費の支払いに使用することが可能です。
LINEモバイルは、主要SNSの通信がし放題になります。

ただ、前者は楽天のサービスを多く使っている方にメリットがあり、後者は、WiMAXなどのWiFi環境がないけど、SNSを多く使う傾向があり通信量を抑えたい方にメリットがあります。

  • 楽天モバイル:楽天スーパーポイントを通信費の支払いに使用出来る
    楽天のサービスを多く使っている方にメリットが多い
  • LINEモバイル:主要SNSが通信し放題になる
    SNSを多く使っているかつ、WiMAX等のWifi環境がない方にメリットが多い

IIJ mioとLINEモバイルの比較

IIJ mioに至っては、au回線を使いたい場合に選択する価値があるでしょう。
LINEモバイルの場合は、ドコモ回線かソフトバンク回線を選択する必要があります。

  • IIJ mio
    au回線を選択できる
  • LINEモバイル
    ドコモ回線ソフトバンク回線を選択できる

まとめ

この記事では、LINEモバイルのメリット・デメリットについて徹底検証させていただきました。

LINEモバイルを利用する圧倒的なメリットは、主要SNS(LINE/Twitter/Facebook/Instagram)のデータ通信がカウントフリーになる点にあります。
特に、格安SIMの電話料金は、通話時間によって課金されるため、カウントフリーであるLINEの通話機能を使って、極力データ通信を抑えることができれば、電話料金の節約や、必要以上にデータ容量を上げる必要もなく節約につながるため、とてもお得だと思います。

ただ、LINEモバイルのようなSNSカウントフリーのような機能があっても、SNSをあまり使わない方、自宅のWi-Fiで十分である方やWiMAXを持っている方にはそれほどメリットがないため、楽天モバイルなど他の格安SIMの方がよいかもしれません。

ではまた。

ABOUT ME
ぴなもと
ぴなもと
神奈川在住のアラサー世代。 理系大学院を卒業し、SI業界のソフトパッケージ開発職として入社する。 SI業界に嫌気が差し、生活そのものを変えるために、ミニマリストというスタイルにたどり着く。 会社に縛られず、フリーランスのような、自由で自律した生活を好む。 みぽりんと合わせたら、世帯年収は1000万を超える。
格安SIMを契約してスマホの通信費を節約する

格安SIMを使えば、通信費・固定費を年間5万円節約できます。

ですが、格安SIMにはたくさんのプロバイダーがあって、どれが最もお得なのかわかりにくいと思います。

また、ドコモやauなどのキャリアからの変更手順もわかりづらいですよね。

当ブログでは、最もお得で、誰にでも使いやすい格安SIMとして楽天モバイルをオススメしています。

楽天モバイルを使えば、楽天ポイントを使って支払いができることが最大のメリットです。

また、楽天ブランドであることからも安心して使えますよね。

格安SIMを使えば月1600円程度で通信費が抑えられますよ。

解説記事は以下をどうぞ。

最もお得な格安SIMはこれ!

ランキング1位:楽天モバイル
ランキング3位:IIJ mio