固定回線の節約(WiMAX)

WiMAXって何?-WiMAXを利用するとなぜ通信費が節約できるのかメリット・デメリットを徹底解説します!!-

みぽりん

インターネットよく使うし、ブログも書けばYoutubeもよく見る。
やっぱり光回線契約しようかしら?でも引っ越しも多いし…ましてや夜勤や泊まりもあるからどうしよう。

ぴなもと

ちょっと待って。
通勤時間とか、夜勤のことも考えると、外でも使えるWiMAXがあるよ。
光回線のように住居に固定回線を配線する工事も不要だから、万が一転勤で引っ越しがあっても違約金を払うハメにならずに済む。

みぽりん

そうなん!?

この記事が対象としている読者

  • 固定費である通信費を節約したい人
  • 光回線ではなく、WiMAXを申し込むメリットを知りたい人
  • 通勤時間や泊まり勤務、外でもインターネットを使う人

WiMAXとは何か

WiMAXとは、KDDIの子会社であるUQコミュニケーションズが提供する、移動体通信の1つです。3GやLTEと同じようなものだと思ってください。
ただ、3GやLTEと異なる点は、スマホ端末が電波を受信するのではなく、モバイルルーター端末が電波を受信し、それをスマホ端末がWi-Fi経由で電波を受ける点です。Wi-Fiによる通信のため、通常の電話番号を用いた通話ができません。(ただし、LINEやSkypeがあればデータ通信でも通話自体は可能になります)
そのため、インターネットショッピングや、会社で電話番号が必要になった際は困りますよね。

WiMAXは2009年ごろからスタートし、現在はほとんどが2015年からスタートしたWiMAX2+という新回線となり、10倍以上高速となって提供されています。(旧回線であるWiMAXは2018年に終了する予定です。)

光回線(固定回線)とも異なりメリットがあります。
光回線は、自宅やオフィスに光ケーブルと呼ばれる有線を引くことで通信します。そのため、配線工事が必要となります。またモバイルルーター端末のように通信媒体を持ち運ぶことができないため、外では使用できません

また、格安SIMとも使い勝手は異なりメリットがあります。
格安SIMは、大手キャリアからMVNO業者(プロバイダー)がLTE回線を間借りして価格やオプションを含めたサービスを設定・提供しています。LTE回線を使用した通信量の上限に応じて価格設定されているため、動画視聴や長時間のインターネット利用には向いていません

WiMAXは、UQコミュニケーションズが提供しているWiMAX回線を、MVNO業者(プロバイダー)が間借りして価格やオプションを含めたサービスを設定・提供しています。
家でも外でもインターネットができるというメリットを中心に展開されているため、通信量が基本的に無制限で利用できる点が異なります。

WiMAXを申し込むメリット

家でも外でも使用できる

WiMAXは、モバイルルーター端末が電波を受信し、それをスマホ端末がWi-Fi経由で通信することで、インターネットが利用出来ます。
光回線のように、自宅に光ケーブルを配線し、LANをつなぎ据え置き型のルーターとつなげることでインターネットが可能になる固定回線とは異なります。

光回線にも劣らない通信速度。固定回線の代わりとして使用できる

WiMAXは、固定回線で直接インターネットで接続するタイプではなく、3GやLTEのような無線方式のため、動画視聴が不安定になるとか、Youtubeが安定して見れないかもしれないと不安になるかもしれません。
基本的には、Youtubeを見る上では、遅くて不快に思ったことは一度もありませんし、正直気にすることはないと思います。

ただ、WiMAXは3日で10GBを消費すると、翌日の18時~深夜2時にかけて速度制限がかかります。どの程度の制限かというと、Youtubeの標準画質の場合は問題なく見れるくらいの速度なので、スマホのように極端に気にする必要はないです。
ただし、高画質動画が最近は多いと思いますので、カップルでYoutube視聴が多い方は注意が必要です。

では、実際にYoutubeをどの程度見たら制限になるのでしょうか?以下で確認してみます。

上記の用に、5分のYoutubeであれば、高画質だったとしても3日で166回再生できます。
仕事をしている方であれば、1日にそんなに動画を視聴するわけではないでしょうし、見て1日3本ほどかなと思います。

そのため、私自身Youtubeが好きでよく見ていますが、制限がかかりYoutubeが遅くて見れないといった事象には遭遇したことありませんし、よっぽどYoutubeが好きな方以外は気にしなくて良いと思います。

カップルや家族で1日中Youtubeを見続ける時がある、そういった場合は気にするべきかもしれません。

毎月の通信費は固定回線よりも安い

WiMAXの毎月の通信費は、固定回線よりも安いです。
しかも外でも使用出来るため、格安SIMのプランを下げてなるべくWiMAXを使用するようにすれば、さらに通信費の節約が見込めます。

戸建て マンション
auひかり(光回線) 5100円 3800円
フレッツ光(光回線) 6100円 4150円
So-net(WiMAX) 3380円

配線工事が不要!!即インターネットできる

WiMAXは、申し込み後、最短2~3日で自宅にルーターが届き、インターネットが可能になります。
そのため、固定回線のように、1ヶ月後に来る配線業者を待たないとインターネットが開通できないといった心配はありません。

引っ越しても使えるため、解約違約金が発生しにくい

WiMAXは、自宅にケーブルを配線して通信するタイプの固定回線ではなく、モバイルルーターが電波を受信し、PCやスマホがWi-Fiを経由してモバイルルーターに接続するため、引っ越し先でも同様に使用可能です。

そのため、光回線のように、2年契約をしなければならず、しかも引っ越し先でおなじ業者の回線が使える保障もないため、解約せざるを得ないといったケースは少ないため心配する必要はありません。

WiMAXを申し込むデメリット

光回線よりも速度が若干劣る

上記は、WiMAXを使用した場合の最大下り速度となります。だいたい300Mbpsが最大と思っておけば良いでしょう。

上記は、光回線の最大速度です。最大1Gbpsのようですし、明らかに最大速度では劣ります。
また、WiMAXは3日で10GB使用すると速度制限がかかり、そうなると速度制限と判定された翌日の18時~深夜2時n速度が1Mbpsとなります。これはYoutubeの標準画質がギリギリ視聴できる程度になります。

モバイルルーター端末を持ち運ぶ必要がある

WiMAXは、スマホのようにその端末自体にルーター機能があるわけでなく、モバイルルーター端末を経由してWi-fiで接続します。
そのため、モバイルルーターは持ち歩く必要があり、忘れてしまったり、紛失してしまうこともあり得ます。
紛失してしまうと、UIMカードの再発行の手続きや、モバイルルーターをAmazonやメルカリで入手する必要が出てきます。最悪、ルーターが入手できなければ解約して再契約が必要になります。

WiMAXを使う上での注意点

3日で10GB以上通信すると速度制限がかかる

上記で何度か記載しましたが、3日で10GB以上通信した場合、翌日の18時~深夜2時まで速度制限となってしまいます。
速度制限時の速度ですが、100Mbpsとなり、Youtubeの標準画質がギリギリ見れるかといった具合になります。
ただ、1ヶ月ずっと制限になるというわけでなく、前日から3日前の合計が超えた翌日の時間帯のみ制限となり、次の日に3日分の通信量が10GBを超えなければ速度制限はリセットされるので安心してください。

まとめ

この記事では、WiMAXとは何かといった記事を書かせていただきました。

WiMAXは、持ち歩けるインターネットという感じで、家でも外でもインターネットが無制限に利用出来ることがメリットです。

通勤時間や泊まり勤務、カフェで仕事をしたい方にとっては、固定回線を契約せずにWiMAXを契約する方が賢い選択と言えるかもしれません。また、引っ越しが頻繁にある方についてもWiMAXの方が何かと都合が良いと思います。

ただし、Youtube等動画視聴をカップルや家族で良く行う方は、3日の合計通信量が10GBを超えて速度制限に毎日かかってしまうかもしれません。そういった方は固定回線の契約をご検討してください。

是非、参考にしていただけたら幸いです。

ではまた。

ABOUT ME
ぴなもと
ぴなもと
神奈川在住のアラサー世代。 理系大学院を卒業し、SI業界のソフトパッケージ開発職として入社する。 SI業界に嫌気が差し、生活そのものを変えるために、ミニマリストというスタイルにたどり着く。 会社に縛られず、フリーランスのような、自由で自律した生活を好む。 みぽりんと合わせたら、世帯年収は1000万を超える。
WiMAXを固定回線代わりにして通信費を節約する

WiMAXを知っていますか?

固定回線としてフレッツ光やauひかりを契約する場合、工事まで3週間かかるし、転勤などで引っ越しが発生したら、解約違約金が発生してしまいます。

それに対しWiMAXは、契約したら最短翌日に届くし、家でも外でもインターネットし放題です。固定回線みたいに引っ越しが発生してもそのままモバイルルーターをもっていけばいい話で違約金は発生しないし、月額料金も固定回線より全然安いです。

ただ、WiMAXを契約する際に、どのプロバイダーが最もお得か?ってわかりませんよね?

当ブログでは、GMOとくとくBB、So-net、Broad WiMAXの中で最も安い3社のプロバイダーはどこか検証して、GMOとくとくBBが最も安いことがわかっているため、迷っている全ての人にオススメしています。

では、実際なぜGMOとくとくBBが最もお得なのか、実際に私が検証した記事を見てください。

なぜGMOとくとくBBはこんなに安いの?

当ブログが検証した結果、最も安いGMOとくとくBBのキャッシュバックプラン最も安くオススメです。

最もお得なWiMAXはこれ!

ランキング1位:GMOとくとくBB

当ブログではGMOとくとくBBのWiMAXをオススメしています。
理由ですが、2年契約が可能なのに値段が圧倒的に業界最安である唯一のプロバイダーだからです。
詳しい理由は以下で解説していますので、よかったら参考にしてみてください。

ランキング2位:So-net

当ブログでは、3年契約といった比較的長い契約しかできないSo-netでも、1年10ヶ月後に最新ルーター端末に交換できることや、無料のサポートプランが充実していて値段も良心的であることから、So-netのWiMAXもオススメしています。よかったら以下の詳しい解説記事も参考にしてみてください。