休み方を変える

生活残業を辞めて複業を始めよう!!-会社に依存しない一歩-

みぽりん

今月は手取りが少ないなぁ。
うーん、でも残業すれば良いか。残業代は増えるしね。

ぴなもと

ちょっと待って。
それは、仕事が残ってて残業するしかないから残業するわけではないってこと?

みぽりん

ん-。そうね。帰ろうと思えば帰れるかも。

ぴなもと

それは、将来に繋がらない仕事の仕方になっちゃうよね。
いわゆる生活残業ってやつだ。
生活費が足りないのなら節約、スキルアップは資格取得や勉強、収入アップは複業で叶えよう。
今回はみぽりんにも、単なるサラリーマンとかOLとしてではなく、将来的に自分で計画を立てられる優れたビジネスオーナーになってもらうよ!!

みぽりん

そっか。でも生活残業しても全然ラクになってないもんね。
うん。簡単になれるかな。
楽しみ笑

この記事が対象としている読者

  • 生活残業が得だと思ってる人
  • なんとなくお金が入るからという理由で残業している人
  • 貯金を増やしたい・収入を上げたいけど何をすれば良いかわからない人 

転職活動前に準備すべき本

生活残業ってどういう状態のこと?

生活残業とは、本来残業しなくても帰ることができる仕事量であっても、生活費を稼ぐために仕事をしているフリをしたり、日中の仕事を引き延ばしてわざと残業をすることで残業代を稼ぐことを言います。

生活残業をすることのできるメリットは、残業代を手に入れることが出来ます。

ただ、生活残業をすることは、それ以上にデメリットも多いのです。

生活残業の特徴

生産性の低い作業の可能性が高い

生活残業は、仕事が終わっているか終わっていないか、優先度が高いか、優先度が低いかにかかわらず残業をします。
そのため、必然的に生産性の低い仕事になってしまいます。

スキルアップにつながらない仕事が多い

生活残業は、スキルアップにつながる仕事かどうか考えて行うわけではなく、
生活費を補うために行なう残業です。
そのため、将来的なスキルアップに繋がる仕事というわけではありません

ポータブルでない収入である

ポータブルでない収入とは、
継続的に会社等で労働をしなければ手に入らない収入のことを言います。
会社を辞めてしまったら生活残業をすることはできません。

健康リスクが指摘されている

週の労働時間36~40時間の人が脳卒中を発症するリスクを1とすると、週の労働時間が55時間以上の人は、1.33倍になる。
~(中略)~
長時間労働が悪影響を及ぼすのは、身体にかぎった話ではない。精神も同様である。
~(中略)~
イギリスで約2000人の自治体職員を6年近く追跡した調査によれば、うつ症状を呈した割合は、1日に残業なしで7~8時間働く人がうつ病になる確率を1とすると、1日11~12時間働く人では、2倍以上に跳ね上がった。
引用:PRESIDENT Online

上記のように、脳卒中などの健康リスクや、鬱病になる人のリスクが、残業なし勤務そうでない場合では大きく異なってくるデータがあります。
そのため、残業してお金を手に入れても、健康に支障をきたし、将来的に働く事ができなくなったり、かえって通院代が必要になったり、幸福度的な面では得策とは言えません

プライベートの時間がなくなる

あなたが生活残業をする理由はなんでしょうか?
残業代を生活の足しにしたいからでしょうか?
家族を幸せにしたいからでしょうか?

だとしたら、生活の時間を犠牲にして、プライベートな時間を失っていることはデメリットだということになってしまいます。

生活残業を辞めるためにまずは節約を

生活残業を辞めるためには、生活費が自分の収入に対して理想的なものとなっているか見直す必要があります。
固定費を節約出来た場合、継続して支出の改善効果が見込めます。

  1. 家賃を見直すために引っ越す
  2. 携帯の通信費を格安SIMに変える
  3. 固定回線をWiMAXにする

生活残業に頼っているということは、万が一残業が禁止されたときに生活に支障がでてしまうことができます。
一方、節約は、ある程度知識を高めれば誰でも可能です。
このように、節約をすることで、
生活残業しなくても生活に支障がないような生活に変わることが第一です。

以下の記事でもノウハウを紹介しています。
まだ節約のノウハウを知らないことは一度覗いてみてください。必ず役に立つと思います。

節約ってどういうこと!?基本的な考え方を知ろう!! 節約の基本的な考え方 節約は、以下の様なポイントを抑えつつ取り組んでいくことが大事です。 節...

3大支出の一つ!!家賃節約ノウハウ集 https://youtu.be/LEJAb368R08 なぜ家賃の節約が重要なのか ...

収入を上げるなら複業をしよう!複業のメリットとは

自分の好きなことで収入を得るため結果が出やすい

生活残業に比べ、複業は自分の好きなことに対する仕事がしやすいです。

生活残業の場合、以下のような仕事も任されることがあります。

  1. 上司や先輩に頼まれた仕事
  2. 後輩の指導
  3. 自分のやりたい仕事がない部署での仕事

上記のような仕事の場合、必ずしも自分の仕事を進められるわけではありません
また、自分のやりたいことやスキルアップにつながる仕事が出来ないこともあります。

ポータブルな収入であり、独立も可能である

複業で得る収入は、会社に依存しないため、転職したとしても継続できる仕事です。
また、複業の収入が本業を上回った場合、独立することも可能になります。

仕組み化・自動化できる

複業で入る収入に対し、仕組み化を行なって収入が自動的に入るようにすることも可能です。
複業は自分の事業であるため、会社の資産となりません。
もし仕組み化が出来た場合、自動的に一定収入が入るため、生活残業のように継続的に遅くまで働く必要はありません

まとめ

今回、生活残業について考えてみました。
生活残業を行う人は、
生活残業は、単純に労働時間を増やしお金に換えているだけのケースが多く、
スキルアップにはつながらず、生活はかえって大変になってしまいます
生活残業をしないと生活出来ないような場合は、まず節約を行なってみることをオススメします。
そして、収入を増やしたければ、複業を行い、会社の収入に頼らない資産を手に入れることで、お金のために時間を浪費しない生活を手に入れることがカギです

ではまた。

仕事が多すぎて残業を避けられずに限界の方は転職するという選択肢もあります。
転職エージェントに市場価値を聞くだけでも十分に価値があります。

転職活動前に準備すべき本

ABOUT ME
ぴなもと
ぴなもと
神奈川在住のアラサー世代。 理系大学院を卒業し、SI業界のソフトパッケージ開発職として入社する。 SI業界に嫌気が差し、生活そのものを変えるために、ミニマリストというスタイルにたどり着く。 会社に縛られず、フリーランスのような、自由で自律した生活を好む。 みぽりんと合わせたら、世帯年収は1000万を超える。
転職エージェントに登録して市場価値を確認しよう

転職したいけどなかなか踏み出せない…

いまや、新卒の3割が3年以内に転職しているので、転職という選択肢は一般的で、誰もが普通に経験しています。

当ブログでは、誰にでもおすすめできる転職エージェントとして、リクルートエージェントを勧めています。

理由ですが、ある程度の期間で、接触できるエージェントは基本1つしか選べません。
そんな中、リクルートエージェントは最も求人数も多く、大手企業で出回っている公開求人はほぼおさえています。

また、総合型エージェントと呼ばれるリクルートエージェントは、異業種・異職種への転職にも対応しています。システムエンジニアからコンサルタントなど、異職種での転職で年収UPさせてきた実績も豊富なエージェントが多いということです。

また、エージェントが送り出した転職者の実績に基づくコネクション・信頼を多数持っているため、非公開求人も多く持っているのが特徴です。

まずは転職エージェントと面会して、自分の市場価値や、市場状況をヒアリングしてみることをおすすめします。

 

ランキング1位:リクルートエージェント
リクルートエージェントです。
エージェントの中では、迷ったらリクルートエージェントを利用すべきと言います。
理由としては、リクルートエージェントは総合型であり、どの分野も幅広く対応していて求人数も最大級だからです。エージェントによっては特化型もあり、得意分野が異なることもありますが、リクルートエージェントはどんな業界にも対応しています。また、非公開求人も多く保有し、見逃すことはできないエージェントです。
ランキング2位:マイナビエージェント
マイナビエージェントです。マイナビエージェントは総合型エージェントであり、リクナビエージェントよりも非公開求人は少ないですが、マイナビエージェントが気に入った場合は、こちらで進めることも可能です。
マイナビエージェントは、ITの分野に強いエージェントも多く、リクルートエージェントの転職エージェントが合わないといった方におすすめです。
ランキング3位:レバテックキャリア
レバテックキャリアは、総合系エージェントでなく、ITの特化型エージェントです。
もの凄くオススメですが、ITに特化しているため3位です。
志望業界がITに特化している場合はレバテックキャリアはフリーランス業界などの転職でも有名で実績があり、IT業界からの信頼が厚くオススメのエージェントです。

また、現状忙しいため、すぐに転職を考えていなくても、情報や、自分の市場価値だけは把握しておきたい・・そんな方は、まずは転職サイトに登録しておきましょう。

転職サイトは、求人の情報だけではありません。自身の履歴書に合わせた転職エージェントからの求人提案のメールが送られてくるため、実際は転職エージェントからの情報も入手できるのです。もちろん返信しなくてもかまいません。

送られてくる求人情報を流し読みし、転職市場の求人状況を定期的に確認します。もちろん、気になれば返信し、転職エージェントに状況をヒアリングすれば良いでしょう。

その際、必ず登録しておくべき求人サイトを一つだけ挙げると、リクナビNEXTです。

リクナビNEXTは、転職サイトの中でも求人数がNo.1であり、登録だけで求人を一通り閲覧できるため、登録しない理由がないのです。

リクナビNEXT
リクナビNEXTです。
求人数ではNo1であり、どの業界も幅広く対応していて、基本的にこのサイトは登録必須のサイトです。求人企業やエージェントからのスカウトメールも多いです。リクナビエージェントとは異なり、エージェントのように電話は来ないため、気楽に利用出来ます。

人気転職ランキングサイトを見たい方は以下もどうぞ。